むくみ解消!もうむくまない

お酒を飲むとむくむ?

むくみ

 

お酒を飲んだ翌朝、起きたらむくんでた!
そんなこと、結構よくありますよね。

 

お酒を飲むとなぜむくむのか?
おつまみはたいてい塩気が多いので、その影響もあります。
>>むくむ食事

 

お酒は血行をよくするので、実は適量だとリンパの流れが良くなったりもします。
血行が良くなると血管が広がり、水分を通しやすくなります。
その結果動脈からたくさん水分が染み出て、静脈とリンパ管の回収が追いつかなくなってしまう・・・
そうするとむくみます。

 

また、お酒を飲むとのどが渇きますよね。
利尿作用があるので水分が体外に出ていきます。
血管からも水分がたくさん出て行って、体は軽い脱水症状になっています。
そこで脳が「水分をとって!」と命令をだすわけです。
ですが、脳は血管内の水分しか把握していません。
細胞と細胞の間、皮下組織には水分がたまっているのに、どんどん水分を補給してしまい、むくみます。

 

もうひとつ。お酒を飲むのって、たいてい夜ですよね。
夜は「抗利尿作用」というのが働いて、水分は出て行かなくなってしまいます。
たくさん水分をとって、その水分が出ていかない・・・
これが「お酒を飲むと翌朝むくむ」メカニズムです。

 

 



むくみの原因