むくみ解消!もうむくまない

むくみのメカニズムとは?

むくみ

 

むくみとは、細胞と細胞の間に水分が染み出てたまってしまった状態です。
水分=血液の中の血漿成分とリンパ液のことです。

 

人間の体の約60%は水分ですが、これらは血管とリンパ管を通して全身をめぐっています。
動脈が栄養素や酸素をのせて心臓から送り出され、細胞に届けられます。
栄養素を届け、老廃物や二酸化炭素を吸収した水分は静脈とリンパ管を通って心臓に戻っていきます。

 

この時に、血液の流れが悪くなると水分が細胞と細胞の間に染み出します。
水分が多く血管外に出て、それを静脈やリンパ管が回収しきれないとむくみにつながります。

 

 

足がむくむことが多いのは、単純に心臓に遠いからです。
足は心臓から遠いため、心臓が血液を引き上げる力が届きにくく、筋力に頼ることになります。
ふくらはぎに筋力があれば大丈夫なんですが、運動不足で筋力が弱いとむくみやすくなります。

 

リンパの流れが悪い場合は、リンパマッサージや弾性ストッキング(着圧式ソックス)が有効です。
ですが、栄養を送り届け老廃物や二酸化炭素を吸収した水分の回収は静脈が9割、リンパ管は2割です。
根本的に解決するなら、血液の流れを良くすることも考えたほうが良さそうです。

 

 



むくみの原因