妊娠とむくみ

むくみ

 

妊娠中むくみに悩まされる妊婦さんも多いですよね。
妊娠中のむくみにはいくつか原因があって、1つは生理前のむくみでも書いたプロゲステロン(黄体ホルモン)の増加です。
水分を引き付ける性質のあるプロゲステロンが増えることで、むくみやすくなります。

 

もう1つは、大きくなったお腹に血管が圧迫されること。
下半身の血管が圧迫されるためにめぐりが悪くなり、むくみの原因になります。

 

遠因では運動不足や妊娠による体重増加も挙げられます。
無理をしない程度に運動すると少しマシになります。
むちゃしないように、お医者さんにも相談してみるといいと思います。

 

また妊娠中は血液のなかの水分が3割程度増加します。
皮下組織に水分を溜めやすくなってしまうので、どうしても妊娠中はむくみやすいです。

 

妊娠中のむくみは生理中と同じで、ある程度仕方のないものです。
出産後に運動するようになればある程度解消します。
食生活などに気を配り、うまく付き合っていきましょう。

 

次のページでは、むくみとセルライトの関係を見ていきます。
>>むくみとセルライト