もうむくまない!

機内でのむくみ

旅行などのときに、飛行機やバスに長時間乗ることがあると思います。
目的地に着いたらむくんで足がパンパン・・・なんてこともありますよね。
実はこのむくみがちょっと危険で、いわゆる「エコノミークラス症候群」まで発展すると、命を落とす危険性もあります。

 

エコノミークラス症候群とは
足の静脈にできた血栓が肺まで流れて、肺血管に詰まった状態が「エコノミークラス症候群」です。
別名「肺血栓塞栓症」です。

 

長時間足を動かさずにいることで、深部静脈に血栓ができることがあります。
血栓ができると、静脈がうまく心臓に戻れなくなって血管外に染み出した水分が足にたまります。
足がむくんで、皮膚が赤っぽくなってきたら要注意です。

 

症状は、血栓の大きさや詰まる場所によっても違ってきます。
無症状や、ただむくむだけですむ場合もあります。
状況が悪いと、胸が痛くなったり、失神、呼吸困難、最悪の場合は即死することも。

 

対策をしよう
エコノミークラス症候群も、長時間足を動かさないことによって起こるものです。
むくみの対策をすることで、エコノミークラス症候群の予防もできます。
こまめに足を動かしたり、なるべく足を高く上げておくこと、着圧ソックスなどでかなり解消できます。

 

こまめに足を動かす

足首を回したり、バスの場合は休憩時間に歩くのもいいと思います。
ふくらはぎを揉んだり、ツボ押ししてみたり。
手軽でおすすめなのが、足首の曲げ伸ばしです。

 

  
汚い足で失礼します(~o~)
足首を手前にぐっと引いて・・・つま先をぐっと伸ばす。
これを何回か繰り返します。
ふくらはぎの筋ポンプ作用を強調して、血液の流れが良くなります。

 

 

なるべく足を高く上げる

 

空気を入れるタイプのクッションです。
これを足元に入れれば、足を置くスペースができます。
クッション以外に、機内に持ち込めるサイズのスーツケースを置いて、その上に足を乗せるのもいいと思います。
どちらもサイズに注意しましょう。
参考リンクを載せておきます。

 

 

着圧ソックス

 

メディキュットを出しているドクターショールのフライトソックスが人気みたいです。
飛行機内での足の疲れをやわらげることを目的に作られています。

 

 

着圧ソックスについての記事はこちらです
>>着圧ソックス

長距離移動でも、ちょっとした工夫でむくみを防ぐことができます。
エコノミークラス症候群は必ずなるようなものではないですが、むくみを予防することで対策になります。
快適な旅行にするためにも、このページもぜひ参考にしてみてください。

 

次のページからは、プロにおまかせ!ということでサロンを選ぶポイントについて書いていきます。
女性は生理前など、むくむとわかっている時はプロに頼るのも手です。

おすすめ♪むくみをとるグッズ

弾性ストッキング(着圧ソックス)

ふくらはぎのむくみに効果的な着圧ソックス。
寝るとき用、ハイソックス、ストッキングなど種類も豊富です。
こちらのページにまとめています。
>>おすすめ着圧ソックスまとめ

むくみ解消サプリを1ヶ月飲んでみる!

人気のサプリを飲んでみたレポートです。
>>するるのおめぐ実レビュー

むくみ用クリーム

マッサージにおすすめのむくみクリームをまとめました。
>>むくみ解消クリーム

機内でのむくみ関連ページ

応急処置・顔編
むくみの原因と対策、予防について書いたサイトです。
応急処置・足編

TOP むくみの原因 むくみ対策サプリ むくみ解消グッズ プロにおまかせ